基本治療は併用化学療法

医薬品

手術よりも反応が良好

人の体は様々な臓器が働くことで正常に身体機能が働いて、各自の健康を維持していますが時として臓器の機能が正しく動かないこともあります。臓器が正しく働かないということで健康な身体を維持できなくなり、治療を必要とするのですが時としてそれは辛い副作用をもたらすこともあるのです。副作用はどんな薬でも起こりうるのですが、一般的に抗がん剤の投薬は辛いとして広く周知されています。近年癌は日本でも罹患率が高い疾患の一つとして知られており、2人に1人は発症しているという結果が出されているのです。身体のどこにでも発症する癌ですが、発見が遅れれば遅れる程死亡率が高いとされているのが肺癌になります。空気を吸い込み身体中へ新鮮な酸素を送り、老廃物となった二酸化炭素を身体の外へと排出できるのは肺が正常に働いてこそなのです。肺癌にも種類があり早期に発見した場合は、手術で対応できることもありますが遅くなれば抗がん剤で薬物治療しか方法がないこともあります。肺癌の中でも厄介とされるのが、小細胞肺癌という疾患で増殖が速く転移しやすいので手術のみでは対応が難しいとされているのです。しかし手術だけでは難しいとされている小細胞肺癌は、放射線療法や抗がん剤を使った化学療法では良好な反応を得ています。したがって小細胞肺癌の場合は、抗がん剤と放射線療法の二つを併用することが基本の治療方法となるのです。抗がん剤の役割は癌細胞を殺すことですが、正常な細胞にも影響を与えるので結局は体に様々な副作用がでることになります。とはいっても体質や体力には個人差があるので、誰もが同じ副作用がでるわけではなく嘔吐や食欲不振に便秘そして下痢あるいは倦怠感などです。