車椅子

回復後の生活場所を考慮

脳出血を発症するとまずは病院での治療があります。病院での治療が終わっても麻痺などがあるとすぐに日常生活に戻れません。リハビリをするための病院が必要になりますが、自宅に住むのか介護施設などを利用するかで選び方が異なります。

詳しく見る

医薬品

基本治療は併用化学療法

日本人に2人に1人の確率で発症しているという癌は、身体のあらゆる部位に起こります。早期発見すれば手術で対応できることもありますが、抗がん剤と放射線療法を使った方が効果がある癌もあるのです。小細胞肺癌は抗がん剤での薬物治療が基本となるので、副作用については適切な治療と日常生活の工夫が必要になります。

詳しく見る

カウンセリング

適度な運動が大事

血糖値を下げる方法は病気によって異なります。全体的に言えることは規則正しい生活をすることが一番です。暴飲暴食を避け、適度な運動をしましょう。糖尿病の場合、薬を使って調節することが一般的です。主治医の指導の元、行いましょう。

詳しく見る

脳

これを知る事が大事です

脳出血の後遺症により、高次脳機能障害と呼ばれるものがあります。認知機能の障害とも呼ばれ、外見からは障害の判断が付き難いといえます。専門的なリハビリを通して、機能の回復を図る事で自立した生活が行える可能性があり、継続して努力する事が重要です。

詳しく見る

医薬品

医師との緊密な連携が大切

抗がん剤治療はがん細胞が増殖するのを防いだり、直接攻撃したりするのに用いられる薬です。化学療法、ホルモン療法、分子標的薬などがあり、それぞれ副作用が現れる可能性があります。しかしそれに対する対処法もきちんと用意されているので、医師とのコミュニケーションをしっかり行えば過剰に心配する必要はありません。

詳しく見る

薬物療法が基本

女医

その他に食事や運動も

日本には数百万人が糖尿病で、血糖値が高い糖尿病予備軍まで含めると数千万人が対象との報告もあります。ほとんど国民病とも言ってよいほど広まっている糖尿病ですが、どんな病気かというと血液の中の糖の値が高くなるという状態を指します。実は血糖値は健康な人でも甘いものや炭水化物を摂取すると一時的に上昇します。これを感知して血糖値を下げるのがインスリンです。つまり血糖値を下げる方法とはインスリンを出させればいいのですが、何らかの原因でインスリンが出なくなると高血糖の状態のままになってしまいます。今のところ血糖値を下げる方法はインスリンしかありませんので、体がインスリンを出せないとなるとインスリンを注射するしかありません。これが現在の唯一の医療行為として血糖値を下げる方法です。糖尿病になるとこのインスリン注射や投薬の他に、食事療法や運動療法を指示されますが、これらは根本的には血糖値を下げる方法ではなく、血糖値をいかに上げないようにするかという方法でしかありません。血糖値が上がらなければ下げる必要がないという理屈なのですが、体がインスリンを作るのを復活させるような治療ではないので、一生続けていかなければいけません。ちなみに高血糖は大変悪いと言われていますが、基本的に高血糖で即死するような事はありません。糖は体にとってエネルギーですので、むしろ低血糖はとても危険で、極端な低血糖状態になると意識混濁から死に至る場合もあるのでインスリンは用量を守って使わないと危ないです。